スマートフォンサイトを表示する

特許、著作権等の知的財産に携わる方々へ。

規模が縮小する日本市場において、各社とも生き残りをかけてプロパテント政策を採用しており、国内の知的財産に関する紛争が増加傾向にあります。

知的財産権侵害の放置は、侵害された企業の競争力低下を意味しています。侵害する側から見れば事業を行う上での大きなリスクとなります。知的財産に関する問題が発生した場合には、両当事者とも適切な対応が必要になります。

また、事業活動の結果生まれた知的財産権については、最良の方法で保護する必要があります。知的財産のには、そもそも権利登録が必要ないもの、権利登録は可能だが権利登録しない方がよいもの将来を見越して権利登録しておくべきものがあります。

そして、一言で知的財産権といっても対象となる分野は非常に広範に及び権利の内容も異なります。知的財産の保護には、単なる知的財産法の知識だけはなく、知識に裏付けられた実務能力が必要です。

当事務所では、知的財産の専門家が当初の段階から対応し、適切な方針決定への支援をさせて頂きます。また、非常に高度な専門知識が必要な場合には外部専門家とも連携してサービスの提供を行います。

知的財産を侵害された

知的財産を侵害された

他社によって知的財産を侵害されていることが疑われる場合、本当に権利が侵害されているか、侵害警告を行って返り討ちにあわないか、権利が無効にされないか等、慎重に判断しなければなりません。

詳細ページへ

知的財産を侵害した

知的財産を侵害された

侵害警告を受けた場合、本当に他社の知的財産権を侵害しているのか、警告を行ってきた会社も知的財産権を侵害していないか、警告を行ってきた会社の知的財産権を無効にできないか等を検討しなけばなりません。

詳細ページへ

輸入差止を検討している

知的財産を侵害された

輸入差止は海外模倣品対策に絶大な効果を発揮します。海外模倣品が市場に氾濫しないうちに早期に対応を行う必要があります。

詳細ページへ

権利登録を検討している

知的財産を侵害された

知的財産権を確実に保護するには権利登録を行うのが最良の方法です。特に事業のコアとなる知的財産については技術内容が公開されることになったとしても権利登録が不可欠です。

詳細ページへ

企業秘密漏洩対策を検討している

知的財産を侵害された

権利登録による技術情報の開示を回避したい、権利登録された技術の周辺技術を社内秘として保護したい等の場合には情報漏洩対策が不可欠です。

詳細ページへ

事業を行うにあたって知財相談したい

知的財産を侵害された

新規に事業を開始する場合、事業の大規模展開を行う場合、進出先に他社の知財トラップが待っている可能性があります。多額のロスを回避するために事前の知財調査が必要になります。

詳細ページへ

知財人材を育成したい

知的財産を侵害された

知財人材とは、単に知的財産に関する知識を有するだけでなく、知識に基づいた実務力を備えた人材のことをいいます。知財人材は知財経営に不可欠です。

詳細ページへ

法分野ごとにチェック

法分野ごとにチェック

権利の内容、出願手続、権利侵害の要件を各知的財産ごとに整理しています。各法分野ごとに理解をされたい方はこちらを参照してください。

詳細ページへ

新着情報

ページトップへ戻る